So-net無料ブログ作成
検索選択

FM音源の理屈を勉強す [仕事]

先日「YAMAHA DX7」の話題を振りましたが、コイツはヤマハが「世界で初めての”オールデジタル”のFM音源シンセサイザー(しかも当時としては破格の-¥248,000)」として世に放ち、見事に大ヒットした逸品です。
(プロ用なら「GS1」「GS2」とかあったんですけどね。これ、「ステージピアノ」だし、260万円/100万円て、アマチュア買えないし…。)

1980年代、猫も杓子もDX7のサウンドが、TVでもラジオでもレコード(CDじゃないよw)でも流れてて、ちょっと食傷気味でしたけどねw
プリセット音そのまんま使ってる曲も結構あって「あ、これxx番の音だ」ってわかっちゃうってのもどうよ?って思いましたよ、当時は(笑)

んで、ふと「FM音源て、ソフトウェアエミュレーションだと、どう実装するのだ?」と思い、いろいろ調べてみると、以外と簡単に実装できそうな感じがしてきましたw

昔、DX7を所有していた頃は、理論そっちのけでいじくりまわしていましたし、理論読んでも、解ったような解らなかったような、そんな感じでしたけど、今改めて理論読んでエミュレーションしてみようかって気になると、以外と解るから不思議なもんですw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。