So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone4 [仕事]

12/25に(わざわざクリスマスに行く方もアレだが)、今使っているiPhone3GをiPhone4に機種変するといくらになるのかを聞くために、SoftBankに行ってみた。
隣にベスト電器の本店があるので、そっちも覗いてみようという魂胆でw

まずSoftBank。
行ったのが18:15頃だったせいなのか、日頃からこうなのか、ぶっきらぼうな兄ちゃんが対応してくれて、「機種変だと分割で毎月6000円くらい」と言われ、ビックリ。
「いや、それだと内訳が全然わからんのですけど。今、一切通話・通信しないで2300円くらいなのに、そんなにかかるんですか?」って言ったら、ようやくプラン別の料金を説明し始めた。
でも、なんだかSoftBankOnlineで計算した料金と微妙に違う・・・。
で、最後に「でもまあ、今iPhoneは在庫ないですから、予約していただかなければいけませんけど。おそらく今年は入荷しないです。

在庫ないなら、「iPhoneの在庫はありません」って貼っとけ[むかっ(怒り)]

「他に何か聞きたい事はありますか?」って言ったので、にっこり笑って「いえ、ないです。ありがとうございました〜[むかっ(怒り)]」と言って、店を出る。
明らかにやる気なさげで「もう2度とのこの店くるか!」と思ったわ。
だいたい月6,000円のプランって何よ?

次、お隣のベスト電器本店
1階の携帯売り場。ふとみるとiPadが置いてある。
「おお、iPadがある。」
店員のお姉さんが来て「ウチも今月からiPadの販売店になったんですよ。どうですか?画面が大きくて良いですよ〜」

Ponta「そうですね〜、気にはなってるんですけど、ちょっと月々料金高いですよね。」
お姉さん「自宅にWi-Fi環境があれば、Wi-FIモデルをお勧めしますよ。」
Ponta「Wi-Fiありますよ」
お姉さん「あ、それならば是非。でもこれだと分割がきかないんですよね・・・」
Ponta「 12月初旬まではできたんですよね。」
お姉さん「え。そうなんですか?ウチも今月から販売店になったばかりで、何も知らなくて・・・」
Ponta「たしか、12月10日くらいまでじゃなかったかなー」
お姉さん「Wi-Fiモデルで、分割にしても(SoftBankに)メリットないですもんねー」
Ponta「確かにw」

Ponta「話変わりますけど、iPhone3GからiPhone4に機種変すると幾らになります?」
お姉さん「機種変ですか?本体代金は支払い終わってます?」
Ponta「はい」

電卓取り出して計算中

お姉さん「16GBモデルで、だいたいこれくらいですかね。」

2800円強 うむ。だいたい合ってる。

Ponta「32GBモデルでは?」

再び計算中
お姉さん「だいたいこれくらいですかね。」

3400円弱 うむ。だいたい合ってる。

お姉さん「ただ・・・、さっき32GBの在庫が出ちゃって、予約してもらって入荷後の契約になってしまうのですが・・・」

あらら、一足遅かったか。

Ponta「あら、在庫無いなら良いですよ。SoftBankのオンラインショップで買えますしw」
お姉さん「そうですよねぇ。またくる必要ないですもんね。」

Ponta「iPadは気になりますけどねw」
お姉さん「ご検討下さい」

自宅に戻り、iPhone4に機種変すべきかどうかを考えたあげく、

アプリを作った時に、マルチタスク・前面カメラ等、最新の機能が実機で試せないのが困る

と言う理由で、機種変することにしました。
12/27にSoftBankのオンラインショップで申し込んだら、12/29に届いたぞ。
おい、誰だ「おそらく今年は入荷しないです。」なんて言ったヤツは。


CIMG1336.jpg
本体。まだ開けてない。
CIMG1337.jpg
USIMカード

自分で「番号切り替え手続き」と「アクティベーション」しなきゃならないのよねー・・・。
年明けにしよ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

Merry Christmas [音楽]

12月24日で、クリスマスイブということで。
選曲に迷ったけど、定番も含め、こんなのはいかが。

Jon Bon Jovi「Please come home for Christmas」(Charles Brownのカバー)

Jonって、童顔だよねw

中島美嘉「雪の華」

クリスマス・・・なのかどうか微妙だけど、クリスマスに恋人と2人で聴いたら良いと思うのだが、どうだ?
とても良い歌だ・・・♪

Band Aid 「Do They Know its Christmas」(1984 Original:前も載せたなぁ・・・)

しかし、ジョージ・マイケルがホモだとは、当時誰も思わなかっただろうなw

Mariah Carey 「All I want for Christmas is you」(恋人たちのクリスマス)

こんなサンタさんに来て欲しいもんですな(爆)

定番 山下達郎「クリスマス・イブ」(アナログ音源)

JR東海のCMを思い出すなw

John Lennon & Yoko Ono 「Happy Xmas (War Is Over)」

いつぞや、おやじBandのMini-Live(YAMAHAにて)で子供たち集めて演ったなぁ♪
俺も戦争反対だ。北朝鮮、挑発やめれ。

CASIOPEA 「Swear」(Christmas Live 1983)

これはクリスマスソングではないのですが、クリスマスに演奏したということで、後半のKey.Soloが「赤鼻のトナカイ」になってます。
(ちなみに「ジングルベル」ヴァージョンもあります。)
あまりに懐かしいので、載せちゃいました。Upしてくれた人ありがとう。
この音源、もう2度と聴けないと思っていたので、超嬉しい。
「Swear」はCASIOPEAの曲の中でも、ベスト5に入る大好きな曲でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

破船 [本]

「破船」 by 吉村昭

を読んだ。

これまで、吉村氏の本は「破獄」「羆嵐」「赤い人」を読み、これが4冊目。
(氏の小説は史実がベースとなっていて、読んでるとぐいぐい引き込まれます。)
これまで、割とハッピーエンドでもないけど、そんなに後味の悪い終わり方をしていなかったが、この本は何か、暗〜い気分のまま終わってしまう内容でしたわ。

ネタバラシになっちゃうので、詳細は書きませんけど。
時代は150年くらい前の江戸時代。能登半島の17戸ほどの小さい漁村でのお話。

この村は作物が育ちにくい土地で、獲った魚介類を売ろうにも、険しい山を越えて隣村まで行かねばならず、家族を飢えから守るには誰かが身を売る(年季奉公)しかなかった。

彼らは難破船を「お船さま」と呼び、「お船さま」を呼び寄せ座礁させるために、夜通し塩焼きの火を焚くことを代々行なってきた。
「お船さま」が来れば、積み荷と舟材を手に入れる事ができ、数年は食料に困らないのだ。
(なお、難破船の生存者は全員打ち殺されてしまう。「お船さま」のことはこの村だけの秘密なのだ。絶対に他所に漏れてはいけない。)

ある年、念願の「お船さま」がやってきた。 積み荷は多く、各戸に米俵や醤油などが行き渡り、村中が歓喜に湧いた。

次の年、また「お船さま」がやってきた。 だが、昨年の「お船さま」とは違い、積み荷はなく・・・。


このあと、村が大変なことになるのですが、WHOが根絶宣言を出したあの病気
こんな症状になるのか、と身震いしましたね。

ラスト。
村を存続させるために選択した、指示役と村長の決断。
それを受け入れざるを得なかった村民たちの気持ちを考えると、なんとも後味が悪いです。

でもねー。
「お船さま」を座礁させるために、わざわざ夜中に塩焼きするわけだし、
(精製した塩は、副産物として隣村まで売りに行く)
座礁船に生存者がいたら殺しちゃうわけだし、村ぐるみの犯罪を犯しているので、
これまで何度「お船さま」が、来たのか分かりませんが、罰が下ったという考え方も出来ますよね。


破船 (新潮文庫)

破船 (新潮文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

嬉しいような寂しいような [雑感]

そんな出来事がありました。
でもこれは単なる個人的な問題。

で、それに追い打ちをかけるような出来事が、携帯メールで届いたのですが、これがちと厄介。

泣き言や不のエネルギーを公の場で発散するのは嫌いなので、能力(脳力)を100%解放して(できるかな・・・)、問題解決に当たりたいと思います。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。