So-net無料ブログ作成

かえらなかった時計屋さん [音楽]

かつて「ひらけ!ポンキッキ」という子供番組がありました。
「ポンキッキーズ」の前身なのですかね、一応。(ガチャピンもムックも出てましたから)

そういえば「ポンキッキーズ」って、安室ちゃん出てましたよねw

学校(小学校です)から帰宅すると、ポンキッキを見て「かえらなかった時計屋さん」という歌が流れる。
という時期がありました。
この歌、実はちょっと切ない歌です。

若い頃はスーパーヒーロー(ローカルなスーパーマン?)だったけど、今は町の片隅で時計屋を営んでいるおじいさん。
朝から晩まで時計の修理に明け暮れているが、その片手間に子供のおもちゃも直してくれる。

ある日、おじいさんと因縁のある大きなロボットが町にやってきて、店で大暴れする。
おじいさん、何も抵抗せずにぺこぺこと謝る。

そこで、大きなロボットは手下(大群)を引き連れてきて、ここぞとばかりに町で大暴れ。

それを見ていたおじいさん。
意を決して、納屋から昔使っていたマントとヒーロースーツ(?)を取り出し着用。
手下のロボット達を一掃する。

最後に大きなロボットと一騎打ちになるが、なかなか勝負がつかない。
おじいさん力を振り絞って相手を抱え、遠くへ飛んで行って二度と帰ってこなかった。

ちょと泣けますぜ。

歌は若子内悦郎氏
「帰って来たウルトラマン」の主題歌など、幅広く歌われております。

以前は若子内氏のHPでMP3で音源公開してたんですけど、今は公開してないようですね。
保存しておいて良かった。
発見したときは狂喜乱舞しましたからねー(笑)

※余談ですが、「帰って来たウルトラマン」の主題歌は印税方式ではなく買い取りだったそうで、レコードが売れても、若子内氏には旨味がなかったようですよw
この辺の事情は「完全無欠のロックンローラー」のアラジンさんも同じではなかったかなぁ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新学期 [家庭]

そういえば、息子が中学生になっておりました。今日が入学式。
次女は明日から(高校)2年生。

あれ?長女は?
ちょっと恥ずかしくて言えません・・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

原発と清志郎さん [音楽]

20数年前、忌野清志郎さん率いる「RCサクセション」が発売した洋楽のカバー(歌詞は日本語)アルバム「COVERS」を思い出しました。

反核・反原発が歌われており、発売元の東芝とすったもんだの末に一旦は発売中止となったアルバムです。
(詳しくは、以下のWikipediaで見て)
http://ja.wikipedia.org/wiki/COVERS_(RC%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

ラブミーテンダー


サマータイムブルース/ラブミーテンダー


清志郎さんが23年前に歌っていた通りになりました。

今すぐ原発をなくせとは言いません。発電のかなりの割合を負担しているでしょうから。
ただ、原発に変わる、クリーンで効率の良い発電方法を今後研究・開発していく必要があるのではないでしょうか?
高速道路無償化(割引)、高校無償化、こども手当などやっている場合ではないですよ。
(我が家、JKが2人いるので高校無償化の恩恵は受けてはおりますが・・・。)

「絶対安全です」と豪語していた日本の原発は、自然の猛威の前に崩壊寸前です。
世の中には「絶対」などないのです。政治家・電力会社のお偉方はこの期に及んでも利益優先なのでしょうか。

こんな事をだらだら書いていても、私に出来る事は、

・日々の業務を粛々とこなす事
・コンビニで買い物をしたときにでるお釣りを募金する
・ネットで貯めてるポイントを募金に回す

くらいのことなんすけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

原発安全神話の終焉 [雑感]

「経済産業省原子力安全・保安院は、福島第1原発1―3号機の事故について、事故の深刻さを示す国際評価尺度(INES)で、8段階のうち3番目に深刻な「レベル5」と暫定的に評価した。」

↑西日本新聞より引用

多くの職員の方が命がけで対応に当たってくれています。
一時圧力が高まったとされる3号機がこのまま沈静化してくれると良いのですが・・・。

3号機は、なにやら毒性の高い「MOX燃料」を使っているというウワサがあり、もし格納炉が破損して中の放射性物質が外部に放出されると、通常より「中性子」が著しく高いため、金属やコンクリートなど簡単にすり抜けてしまうのだそうで・・・。

「東電や政府は市民を間違った方向に避難させている」と海外から指摘されているとの話もあり、どこまでが本当で嘘かわかりませんが、危険なことには変わりはないのでしょう。

電力会社が「絶対安全」と強調していた原発ですが、自然の猛威の前にあっさりと破壊されてしまいました。

私が住む北海道にも「泊村原子力発電所」があります。
今回の地震では特に被害はなかったようですが、もしも東北級の地震が来て原子炉が破壊されたら、いったいどうなるのでしょう?

泊村や近隣の人が脱出しようと思った場合、(積丹方面の)海沿いの道路は破壊されているだろうから、岩内→共和町経由で札幌もしくは千歳あたりまで脱出ってことになるのかな。
ただ、夜であれば「開いているガソリンスタンドが無い」のが厄介かも。(たしか19時くらいで閉まっちゃうよね?あの辺・・・)
ガソリンが満タンもしくは、目的地まで持つくらいまで入っていれば良いけど・・・。

ちなみに泊原発から札幌の自宅まで、直線距離にして68.2km程度。
風向きによっては札幌市内もヤバいよね。

原発の効率の良さは認めるが、事故った時の恐ろしさが良くわかった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震 [雑感]

午後からずっと揺れてるな〜、随分長い地震だな〜、と思いつつ帰宅したら・・・。
テレビに「国内最大規模の地震」とのテロップが[たらーっ(汗)]

仙台、東京、横浜、など友人、親兄弟に安否確認のメールを送り、テレビを見て暫し呆然とする。

これは凄いね。

ウチはまだ札幌だから震度4?くらいだったけど、仙台とかは大変だったろう。
太平洋側も、津波が凄かったみたいだし。

恐いなぁ。やっぱ地震対策(家具の固定など)しておいた方が良いのか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

確定申告 [仕事]

というわけで。

確定申告の書類作成で大わらわです。
「e-Taxにすれば?」という意見もちらほらありますが、どうもメリットが感じられない。

手続き面倒くさそうだし、だいたいMacで出来るのか?
カードリーダ買わなきゃならんのだろ?
(Felica用のでよければ持ってるけど・・・)

医療費控除用の領収書は普段Excelで管理してるんですが、e-Taxにすると、これをまた再入力しないとならんのでしょ?
そんなことやってられませんってばw

というわけで、今年も紙で申告して収受印頂いてきます。

by 原始的なIT技術者
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

60億kmの浪漫飛行 [雑感]

「はやぶさ」帰還カプセル特別展示 in 札幌
行って来ました[ぴかぴか(新しい)]

今日は歯医者の定期検診で、東西線に乗って西18丁目まで出かけなければならなかったため、検診終了後「どうせ東西線に乗るんなら」と思い、そのまま終点の新さっぽろ(会場の札幌市青少年科学館がある)まで行ってしまいました。
(いつもは大通で南北線に乗り換えてそのまま帰宅する)

到着は12:00ちょっと過ぎ。思った程混んではおらず、12:30〜12:55の整理券が貰えました。
(それでも整理券・入場券を購入するまで10分くらいかかったのですがねw)

会場全景
IMG_0037.jpg

12:30までちょっと時間があるので、iPhoneでその辺にある展示物を撮影したり、はやぶさグッズを購入したりしていました。

はやぶさフィギュア
IMG_0039.jpg

クリアファイル「最後の光跡」
IMG_0040.jpg

12:30になって入場したのですが、まずは同じ内容のパネルの展示が延々と続きます。
立ち止まってじっくり読む事は許されず、ひたすら前に進むように促されます。
同じ内容のパネルが繰り返し展示されているので、こうすれば立ち止まらなくても良いだろうとの考えなのでしょう。

入場から15分くらいすると、ボトルネックのように人が滞留し始めます。
これは、カプセルを見る人数に制限をかけるために一旦人の流れを止めるようです。

その滞留も、ややしばらくすると解消されて、ようやくカプセルとご対面となります。
以下の6点が展示されていました。

・はやぶさ探査機スケール1/8模型
・はやぶさ帰還カプセルカットモデル模型

・搭載電子機器部
・パラシュート
・背面ヒートシールド
・インスツルメントモジュール(全面ヒートシールドのみレプリカ)

入場のとき配布していたパンフ
IMG_0041.jpg
5分くらいしか見る時間がなかったのですが、それでも60億kmのロマンは充分感じ取る事ができました。

はやぶさのCPUはSH3(の3重化)、OSはμITRONなんですって。
(Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%81%95_(%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F))による)
凄いよなぁ。

自分も、これに勝るとも劣らない仕事をしないとなぁ。


実物展示物の撮影は禁止されていたので、会場内の雰囲気など。

1階にあった「はやぶさの旅/軌跡」パネルコーナー
IMG_0027.jpg
IMG_0013.jpg
IMG_0012.jpg
IMG_0019.jpg
IMG_0017.jpg
IMG_0025.jpg

同じく「カプセルの重さ体感コーナー」 16kgだそうです
IMG_0022.jpg

グッズ売り場
IMG_0034.jpg

入場口/退場口付近 並んでいるのは整理券13:00〜13:25の人だと思います
IMG_0032.jpg
IMG_0029.jpg

札幌市青少年科学館での展示は14日まで。
その後は16~20日に釧路市こども遊学館、23~27日に大樹町生涯学習センターに巡回するそうです。
北海道は大樹町が最後だと思うので、お近くの方は是非足を運んでみてくださいな。

きっと何か、心を揺さぶられるものがありますよw


米~Best of Best~

米~Best of Best~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: CD



浪漫飛行

浪漫飛行

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD



組み込みシステム実践入門―μITRON4.0準拠 SH-4とTOPPERS/JSPによる組み込みシステムの

組み込みシステム実践入門―μITRON4.0準拠 SH-4とTOPPERS/JSPによる組み込みシステムの

  • 作者: 田中 典翁
  • 出版社/メーカー: カットシステム
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本



リアルタイムOSと組み込み技術の基礎―実践μITRONプログラミング (TECHI (Vol.17))

リアルタイムOSと組み込み技術の基礎―実践μITRONプログラミング (TECHI (Vol.17))

  • 作者: 高田 広章
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 単行本






図解 μITRONによる組込みシステム入門 - H8マイコンで学ぶリアルタイムOS

図解 μITRONによる組込みシステム入門 - H8マイコンで学ぶリアルタイムOS

  • 作者: 武井 正彦
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2008/01/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



盟友 [雑感]

今日、ふと思い立って、10ウン年、年賀状ぐらいのやりとりしかしてなかった中学校時代の盟友(悪友?w)へ、メールしてみた。

と言っても、知っていたのは以前に聞いていた携帯番号のみだったので、「docomoでありますように」と、祈りながら「SMS」でメール。

送信が成功したので、とりあえず安心し、返信を待つ事に。

やや暫くして「夜に電話する」と返信があり、ひと安心。

夜8時過ぎに彼から電話が入り、声を聞いた瞬間、かなり久しぶりのはずなのに、何か3日ぶりくらいの感覚しかなかった。
それを言ったら、「何だよそれ」みたいな言い方されちゃったけどw

うまく言えないんだけどさ、時間の隔たりみたいなもの?を全く感じなかった。
友達って、そういうものなのかな。

ここ数年、10年とか15年ぶりで再会する友達その他が、ちょこまか居るのですが、
時間の隔たりを感じさせない人は、そんなに多くないですね。

逆に「時間の隔たりを感じさせる人」は、再会したときに、どこかよそよそしくなってしまう人かな。
そんな気がした今日この頃でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツインテール [雑感]

巷では「ツインテール」というのは、↓(もっぱら)髪をこういう風に二つ結びにした女の子の事を言うらしいのですが。
miku.jpg
(C)CRYPTON FUTURE MEDIA INC.

僕の中で「ツインテール」と言えば、↓コレです。
b0003180_1101026.jpg
(C)円谷プロダクション

世代間のギャップと、認識の差は甚だしい・・・。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

YMOを懐かしむ [音楽]

以前、このブログで【「けいおん」はYMOネタが多いことに気づく】というネタでYMOの曲をいくつか紹介しましたが、
今日風呂に入っていたら、YMOの曲が頭の中でぐるぐるリピートしてたので、また載せます。

MAD PIERROT

この曲(というかアルバム)は、日本版とUS版があって、ここに映っているのがUS版のジャケット。
アレンジも若干違ってるし、BRIDGE OVER TROUBLED MUSIC〜MAD PIERROTに繋がるのは同じだけど、US版はMAD PIERROTでフェードアウトするんでなかったっけ?
日本版はMAD PIERROT〜ACROBATへと繋がる。
ちなみに、これは日本版。

CAMOUFLAGE

アルバム「BGM」に入ってます。(「BGM」はYMOのアルバムの中では最高傑作だと思う。個人的な感想・・・)
なんか、これ聴くと”中学校の時の”修学旅行を思い出すんです(笑)
ちなみに、青森、十和田、小牧温泉、でした。当時はまだ青函連絡船が運行してましたよ。

MASS

おなじく「BGM」から。
細野さんの曲です。天才ですな。
ご存知の方も多いかと思いますが、細野晴臣さんの祖父君様「細野正文」氏は、あの「タイタニック号」に乗船していた、ただ一人の日本人です。
生還・帰国後は、大変なバッシングを受けたらしく、生涯それに耐え続けたそうで、なんともやりきれないものを感じます。
彼が生還しなければ、細野晴臣氏の誕生もなかったわけで、当然YMOの結成もなかったわけですから・・・。



イエロー・マジック・オーケストラ

イエロー・マジック・オーケストラ

  • アーティスト: YMO
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2003/01/22
  • メディア: CD



イエロー・マジック・オーケストラ(US版)

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)

  • アーティスト: YMO
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2003/01/22
  • メディア: CD



BGM

BGM

  • アーティスト: YMO
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2003/01/22
  • メディア: CD


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。